自動車ローンの審査で見られるのはどんなところ?

ひとことで自動車ローンと言っても、自動車のディーラーで手続きを行うタイプと銀行やJA等で契約するタイプなど色々な種類があります。これらの自動車ローンは、言い方を変えてみれば借金でもありますので契約の際に必ず審査がありますし、申し込みする人によっては返済能力がないと判断されてしまい審査に落ちてしまうばあもあります。審査に通過しなければ当然利用することはできませんので、申し込み前に審査の基準について少しでも知っておくと安心です。

 

ディーラーローンの審査

どちらかと言うとディーラーローンの方が審査に通過しやすいと一般的には考えられますが、それでも収入が安定しない人や個人信用情報に問題がある場合はもちろん利用することはできません。ただし、年収が低い人や勤続年数が短い人でも、保証人をつけることによって評価が上がり、審査に合格できるようになる場合もあります。
これが使用目的自由のカードローンならばパートやアルバイトの人や入社して間もない人でも利用できる場合もあるのですが、自動車ローンは借り入れ金額も大きいですし、長期的に利用するものですので、消費者金融などからの借り入れと比べると審査は厳しめとなります。

 

自動車ローンの審査で注意すべきこと

自動車ローンの審査のを受けるうえでの注意点としては収入や雇用形態などももちろん重要ですが、やはり自分の信用情報がどのようになっているかというのがとても大きく影響します。もし過去にカードローンやクレジットカードの借り入れの返済を長期間延滞したり、債務整理した記録があれば審査に通過するのが難しくなるでしょう。

 

・個人信用情報機関に記録が残る期間

信用情報機関に記録される債務整理の記録は5年間〜10年間残りますので、この記録が残っている間は自動車ローンの審査に通らないと思っておいた方が良いでしょう。自分の信用情報がどのようになっているかは開示請求して調べる事ができます。手数料がかかりますがそこまで高くありませんので審査に通過できなかった人は確認してみるのも1つの方法です。

 

信用情報としては利用している商品の種類や借り入れ状況や返済の状況が記録されますが、審査の際に問題となるのは異動情報、または事故情報と呼ばれるものです。俗に言うブラックリストとは、この事故情報が信用情報機関に記録されており、ローンの審査に通過できなくなった状態のことです。ブラックリストという一覧があるわけではありませんが、信用情報に事故情報が残っていると、審査に通過できなくなるのです。

 

信用情報機関は複数の種類がありますが自動車ローンの審査で参考とされるのはJICC、CIC、KSCの3種類です。それぞれ記録のされ方に若干違いがありますが、中には返済状況が細かく記録されている場合もあり長期延滞まではいかなくても数日間返済が遅れただけでもそのことが判明する場合もあります。数日間の支払いの遅れを何度も繰返してしまっているような場合でも、重大な事故情報はなくても審査に悪影響が出る場合がありますので注意しましょう。

 

・携帯電話代金やテレビ通販の分割払い

自分の信用情報がどのようになってるかを考える上で注意が必要なのがカードローンやクレジットカードを1回も利用したことがない人であっても、携帯電話端末の分割払いであったり、テレビ通販の分割払いの記録も残るということです。携帯料金はカードローンなどの借金よりも軽い気持ちで延滞してしまう人が多いかも知れませんが、スマホ端末等の分割払いを通信料金と一緒に支払っている場合は信用情報機関に記録が残りますので注意しましょう。テレビ通販についても、うっかり支払いを忘れてしまっていてすぐに払ったということがあった場合も、滞納していた期間が長ければ信用情報機関に記録されてしまっている可能性もあります。もし過去に滞納した覚えがある人は、面倒でも一度個人情報の開示請求をしてみるのも方法です。

 

他社の利用状況も重要

その他にも、自動車ローンに申し込みをして審査を受ける際には、現状の消費者金融や銀行のカードローンの借り入れ金額や借り入れ件数も影響していますので注意しましょう。こちらも信用情報機関の情報から利用中のローン商品は一通り判明しますので、ローンの申込み時の自己申告も事実を正確に申告する必要があります。
一般的には、自動車ローンと、その他の無担保型のローンの合計金額が年収の2分の1以内が審査合格の参考ラインとなることが多いです。
住宅ローンのように担保がある借り入れならば問題ありませんが、キャッシングやカードローンなどの無担保融資と自動車ローンの金額の合計が、年収の50%を超えると審査に落ちやすくなりますので注意しましょう。

 

仮にある人の年収が200万円だった場合で、その人がすでに消費者金融などから30万円借り入れをしているならば、年収の50%のラインは70万円程度となります。購入希望する自動車が高価の場合など自動車ローンの利用希望額が大きい場合は審査に通過しにくくなってしまいますので、利用する金額を下げることを検討しましょう。