家賃が払えないのでお金を借りたい

賃貸よりも思い切って戸建て!と考える若い方が増えているそうです。その理由のひとつに、決して安くない賃貸にまつわる諸々の費用が挙げられます。毎月の家賃は、立地や環境などを基準に相場があり、ある程度納得した金額を支払っているかと思います。しかし、意外と知られていない費用が、数年毎に支払う『更新料』です。

 

賃貸契約を更新することは、家主にとってもありがたい事のはずですが、借りている側が更新の費用を支払うことになっています。なんだか腑に落ちない気持ちではありますが、1年2年と慣れ親しんできた部屋や環境で暮らし続けるためには、更新料を支払わないわけにはいきません。

 

更新料は、2年毎に支払う契約がほとんどです。更新料を支払うことで再契約でき、住み続けることができます。引っ越しを考える時、ネットで物件を探す方も多いと思いますが、「更新料不要」の文字を鵜呑みにするのは危険です。同じ物件でも、契約は個々のもの。自分の契約の取り決めについて最も正しい情報は、当然、借りた際の契約書です。

 

「聞いた覚えがない」と言っても、その契約書に『○年毎に○万円の更新料が必要』と書かれていれば、その契約は守らなければならないのです。さらにこの更新料、決して安い金額ではありません。家賃の1〜2か月分が相場です。仮に家賃の1か月分だとすると、更新月にはいつもの2倍の家賃を用意しなければなりません。

 

常日頃から契約書をよく見ているという方は少なく、「更新月を忘れていてお金がない!」というケースは少なくありません。蓄えがあれば賄えますが、余裕がない場合はどうしたらいいのでしょうか。

 

更新料を支払えないとなれば、今よりも家賃が安くて、もっと条件が良く、更新料もかからない物件を探すことを考えるかもしれません。『UR住宅』と呼ばれる公団住宅など、基本的に更新料がかからない物件もあります。しかし、今度は引っ越すための退去費用に苦しめられてしまうかもしれません。

 

退去費用は、入居時に支払った敷金からハウスクリーニング代を差し引いた残りで賄われるのが一般的です。しかし最近は、入居時に敷金を受領しない契約が増えています。敷金をゼロにして、家主への礼金(一時的な謝礼金)を多めに取り、利益を得る仕組みになっています。当然、礼金からハウスクリーニング代は支払われず、退去の段階になって費用を請求される事があります。

 

具体的にどのくらいの費用がかかるでしょうか。室内でたばこを吸っている方は壁紙が汚れてしまうため、全面的に張り替えることとなり、高額なクリーニング代の請求が予想されます。退去費用にしろ、更新料にしろ、一般的な家庭であればおおよそ20万円以内で収まることがほとんどでしょう。

 

用意がなければ焦ってしまいますが、数十万円程度であれば消費者金融でキャッシングできます。無収入では難しいですが、アルバイトでも定期的な収入があれば、融資を受けられる可能性があります。

 

また、計画的に返済していけば、すぐに完済できる金額でもあります。どうしても用意できず困った時は、消費者金融でお金を借り、一時的に凌ぐという選択肢があることを知っておいても良いかもしれません。