2社目の借り入れをしたい

2社目の借り入れをしたい

無事お金を借りることができて、いざ返済を始めたものの、途中で返済が難しくなったり、さらにお金が必要な状況になったりすることは珍しくありません。契約している業者から簡単に追加で融資が受けられればいいですが、借入限度額を超えてしまっているような場合、他社から借りられないかということを考えると思います。

 

しかし、2社目で審査が通らない、3社目も借りられた…など、結果はさまざま。複数の業者から借りるポイントはあるのでしょうか?実際に借りたことがある経験者の体験談や、ネット上の口コミを集めて状況別の予測をご紹介します。あくまでも当サイト独自で収集した情報に基づくため、実際のローン審査とは異なる可能性があることをご了承ください。

 

2社目の借り入れ

ポイントは、現在の返済に滞りがないことです。さらに、基本的な審査基準(1社目の借入の時の審査基準)のハードルが高くなると考えてください。1社目では審査に通った方でも、特に、収入が少ない方は不利になります。

 

・主婦(専業主婦・パート主婦含む)
・アルバイト
・学生

 

貸金業法の改正により、キャッシングは『総量規制』されています。年収の3分の1以上の借入れがある場合、新たな借り入れはできません。

 

専業主婦の場合、夫婦合算した世帯収入の3分の1(世帯収入が300万円であれば100万円)まで借りられることになっていますが、実際は、それほど高額な融資は受けられません。専業主婦でも借りられると謳っている業者は多いですが、借りられたとしても20万円程度ということもあります。

 

3社目の借り入れ

3社目となると、収入が多く、かなり安定した職業の方しか借りられません。前述した『総量規制』があるため、例えば年収360万円の方が借りられる総額は120万円,すでに100万円借りていたとすれば、3社目で借りられるのは20万円になります。

 

20万円であれば借りられそう…と思うかもしれませんが、2社目でもそうだったように、基本的な審査基準はますますハードルが上がります。年収500万円を目安に、公務員や看護師など、安定的な収入があり、信頼がおける職業の人だけが対象となります。

 

4社目の借り入れ

4社目まで借りられる可能性はほとんどありません。アコムやプロミスといった大手だけでなく、あまり見かけない業者でも、貸出対象は「3社までの借り入れの方」と謳っています。成功確率を1%にしたのは、何事も『絶対』ということはありませんので希望も込めてつけた数字です。ほぼ難しいと考えてください。

 

では、3社から借り入れしている方は破産してしまうしかないのでしょうか。『おまとめローン』という言葉を聞いたことがあるでしょうか?今抱えている債務の合計額分をどこかの業者から借りて、複数社に返済してしまうことで、借入先を1社にまとめることができるということです。

 

借金を1本化することによって月々の返済は楽になります。また、少額を借りるよりまとまった額を借りる方が、金利が低いというメリットがあります。ただし、上記の『総量規制』の問題もあり、借入額を増やすことはできません。借入は3社目までとなります。

このページの先頭へ戻る