総量規制対象外【特集】

銀行カードローンといえばこれ

ちばぎんカードローン

1年で40,000人が申し込み

■金利 4.3%〜14.8%
■限度額 最大500万円
■審査スピード 最短翌日
■収入証明書 不要
■返済は月2,000円から

 

ちばぎんカードローン公式サイトを見てみる

 

 

総量規制は、2010年に改正された賃金業法に設けられた規制です。少し前まではこの規制がなかったために高金利での貸し付けを行う業者も多くあり、それが原因で破産を余儀なくされた人も少なくありませんでした。

 

こうした債務者への過剰貸し付けを防ぐ目的で、総量規制が設けられました。具体的には、「債務者は年収の3分の1を超える金額の借入をすることができない」というものです。

 

例えば年収が300万円の人であれば、100万円以上の借入は法律で禁止されているということになります。またこの改正では、新規で50万円以上の借入を希望する場合、もしくは借入金額の合計が100万円以上になる場合、借り入れの申しこみには所得証明書の提出が義務付けられるようにもなりました。ただ借り入れの中にはこの総量規制の対象になるものとそうでないものがあります。

 

総量規制の対象となる借入

・クレジット会社からのキャッシング
・消費者記入からの借入
・信販会社キャッシング

 

これらの借入を利用する場合は、これまでの滞納履歴や返済遅延などいろいろな情報がチェックされているほか信用情報に残高も記録されています。そのためすでに総量規制の対象となる別のところからの借り入れがあるものの新たに借り入れを希望する場合は、まず自分の年収を3で割り、その数から総量規制の対象となる借入金額の合計を差し引いた金額であれば借り入れることができます。

 

総量規制対象外の借入「除外貸付」

総量規制の対象外となるのは「例外貸付」または「除外貸付」と言われる貸付にあたります。このうち除外貸付とは、住宅ローンや車のローンなど、元々総量規制の対象に含まれていないものを指しています。除外貸付にはその他にも次のようなものが含まれます。

 

・高額療養費の貸付
・有価証券担保の借入
・不動産担保の借入
・金融取引業者からの500万円以上の借入
・手形の割引(融通手形を除く)
・売却予定不動産の売却代金によって返済できる貸付
・賃金業者を債権者とした金銭賃借契約の媒介

 

 

例外的に総量規制の対象外となる「例外貸付」

除外貸付以外にも実は総量規制の例外となる貸し付けがあります。これは本来は総量規制の対象となっているにも関わらず、ある一定の条件を満たしている場合に例外的に総量規制の対象から外れるというものです。

 

総量規制の例外となる借り入れには次のようなものが含まれます。

 

・顧客にとって一方的に有利となる借り換え
・緊急に必要な医療費の貸付
・社会通念上緊急性を認められる費用を支払うための貸付
・配偶者と合算した年収の3分の1以下の貸付
・個人事業者に対する貸付
・預金取扱金融機関からの貸し付けを受けるまでのつなぎ資金に関係する貸付

 

これらの借入はすべて除外貸付となっているため、すでに総量規制の上限である100万円の借入があったとしても消費者金融から借り入れすることは可能です。

 

銀行のカードローンは総量規制の対象外

このように除外貸付や例外貸付といったものは総量規制の対象外となるわけですが、実は銀行のカードローンも総量規制の対象ではありません。そのため除外貸付や例外貸付以外の方法で新たにお金を借り入れるには、銀行のカードローンを利用するという方法もあります。

 

消費者金融のカードローンが賃金業法の適用となっているのに対し、銀行のカードローンは銀行法の適用となるため総量規制の対象とはなりません。銀行は独自の審査を行い、そのうえで返済能力に問題がないと判断すればたとえ年収の3分の1以上の借入でも可能になります。

 

ですからすでに消費者金融からの借入がいくつかあったとしても、銀行のカードローンなら審査に通りさえすれば新規で借り入れることはできるのです。銀行カードローンの保証会社が消費者金融であることもありますが、そのような場合でも総量規制の対象にはなりません。

 

【総量規制対象外では即日融資は難しい?】
一般的に総量規制対象外の銀行カードローンは消費者金融に比べて審査に時間がかかります。
なぜなら銀行カードローンの大半はカードローンを利用する際にその銀行の普通口座が必要となるため、審査申し込みの時点でその銀行の口座を持っていない場合まずは口座開設の手続きをしなくてはならないためです。
たとえ審査自体が即日で終わっても、口座を開設するのには1週間ほどの時間が必要になることもあります。
そのため「今すぐにお金が必要」という時には不向きであると言えます。

 

しかし中には審査がスピーディでかつ口座開設な不要などの理由で即日融資が可能なところもあります。例えば三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は口座の開設も必要ないほか審査から融資までのスピードが最短30分と消費者金融並みに速いことで人気を集めています。

 

オリックス銀行カードローンは300万円までの借入であれば収入証明が不要なうえ、800万円までの借入が可能です。申し込みの手続きもWebですべてできてしまうため、こちらも人気が高いようです。

 

その他にも5万円までの借入ならば180日無利息(金額無制限でも30日間無利息)というサービスを提供している新生銀行カードローンや、即日融資で低金利な三井住友銀行カードローンなども人気が高いようです。

 

【おまとめローンは総量規制の対象外!】
いくつかのところからの借入を1つにまとめて借り換えることを「おまとめローン」と言いますが、このおまとめローンは先程も触れた「例外規制」の「顧客に一方的に有利となる借り換え」にあたるため、総量規制の対象外となります。おまとめローンを利用すると金利や支払いに伴う利息を抑えることができるというメリットがあります。

 

ただしおまとめローンを利用する際には「できるだけ低い金利で借り換えをする」ということが大切です。金利が低くなければ、毎月の返済額がいくら減ってもトータルでの返済額が逆に増えてしまうこともあります。

 

ですからおまとめローンを利用する際には、確実に金利が抑えられるおまとめローンを選ぶことが大切です。消費者金融おまとめローンを利用する場合、必ずしも金利が低くなるとは限りません。

 

なぜなら消費者金融の金利はもともと銀行よりも高くなっていることが多いからです。おまとめローンにすると毎月の返済額は少なくなるので一見負担は軽減されたように思われますが、そのぶん返済回数が多くなるのでそれほど金利が抑えられていなければ、むしろ支払利息は多くなってしまう可能性があります。

 

ですのでおまとめローンを利用するのであれば、なるべく金利の低い銀行のカードローンを利用するのがオススメです。とはいえ、銀行のおまとめローンは審査が厳しく、新規での借り入れはなかなか難しいというのが現実のようですが、中にはオリックス銀行カードローンのように他社での借り入れがあってもおまとめローンが利用でき審査の通過率も高めに設定されているところもありますので、そういったところを狙ってみるのも一つの方法でしょう。

 

【専業主婦は消費者金融から借り入れできる?】
主婦でもパートやアルバイトをしているのであれば消費者金融からの借入は可能ですが、、まったくの専業主婦は所得がないため総量規制の対象となる消費者金融での借り入れはできません。しかし総量規制の対象外である銀行カードローンであれば、専業主婦でも借り入れは可能です。特に大手のみずほ銀行などでは専業主婦への貸し付けを積極的に宣伝しています。

 

銀行カードローンといえばこれ

ちばぎんカードローン

1年で40,000人が申し込み

■金利 4.3%〜14.8%
■限度額 最大500万円
■審査スピード 最短翌日
■収入証明書 不要
■返済は月2,000円から

 

ちばぎんカードローン公式サイトを見てみる